上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本では新しく大きく成長した企業数が相対的に少ないみたい。
これからも日本の産業で創出されるあらたなビジネスの期待はないかもしれない悲観論。
日本の産業界は敗者だらけの「焼け野原」とか言われているが、最近はモノづくりよりも
サービスそのものに新しい息を吹きかける事が注目されているみたい。
生み出すことがその後に続く行動よりも何千倍もの価値がある。

北斗の拳アブトロニック どうぶつしょうぎ初心者対策 ムーンハートのスイーツ
成功ノウハウより、誰もが陥る失敗の法則を知るほうがビジネスには100倍役立つ!
成功法もいいが、なぜ陥らないかという反面教師なパターンの方が覚えやすい。
それはどんな中小・ベンチャーなどの企業が踏んでしまう地雷のありかがわかります。
残念な会社にしないためには誰もが目を向けない失敗の法則も勉強することが必要でしょう。

ビジネス実務法務対策 あこがれの女優ミラー マジックショール
起業とは生業を起こすと書きます。つまり仕事を創るってこと。
そして、本来の目的は今には無い新たな事業を創り、新たなビジネスとして成立させ、
人間に付加価値を提供することである。
そんな理想的な行動を起こすサラリーマンが会社に数人いるだけでもその会社には未来がある。
だが、サラリーマンであり続ける事を自身が許さないであろう。
日本の泥船脱出のためには仕方ないが、どんどんフロンティアが必要である。

シルシルミシルさんデー 葉山ロール フィットフロップのダイエット

黄金比率

2011/06/06

会社の貢献度の高い社員の黄金比率は2:2:6くらいに分けられるとよく言われますが、
確かにそんな感じがします。2(貢献度の高い):2(普通程度):6(普通以下)
うちもそんな感じがします。うちは6の普通以下の割合に着眼したら、そこに社長や部長や
課長までもが入っているような気がする。
親会社のネームバリューですごく安心しきっているような風潮がある。
この世の中、東京電力も危機に瀕するくらいなのに、わたしら係長と下のメンバー達が
一番不安でがむしゃらに走りつづけているので、すごく悔しい。
いつか、この不条理な関係を変えてやるぞ!

マジックブレット トゥルースリーパー がごめ昆布
プロフィール

リーマン

Author:リーマン
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。